シルバーアクセサリー送料【送料】

<strong>シルバー925について|オリジナルシルバーアクセサリー通販ならFACTORY FISHBONE|オリジナルデザインのシルバーアクセサリー通販</strong>

シルバー925について


FACTORY FISHBONE シルバーアクセサリーに主に使用している素材のシルバー925とは、厳密にはシルバー(銀)の合金で、925は合金に含まれる銀の純度(割合)を表しています。



大抵の方は、シルバーリングなどの裏側に925と刻印が入っているのを見たことがあるでしょう。

925とはシルバーの割合が、925/1000がシルバーで、残りが他の金属と言う意味です。

FACTORY FISHBONEのシルバーアクセサリーで使用しているものは、地金から加工しているハンドメイド商品も、スカルなど立体造形のキャスト商品も、残りの75/1000(割金と言います)が銅を使用しているものを使っています。

なぜ、わざわざ純銀を925に加工するかと言うと、シルバーという金属は非常に柔らかく、そのまま使用すると製品としての耐久性に問題があるので、シルバーという金属の特性上、一番硬くなる70/1000よりほんの少しだけ通り過ぎた925/1000という純度にしているのです。
あくまでも、銀の量を減らすために純度を下げているわけではありません。(むしろ純度を下げる割金を混ぜてもらったほうが工賃がかかるので高くつきます)
ごく稀に、やわらかいので加工が楽なためか、950または、純銀を使っている工房もありますが、ほとんどのシルバーが925になっているのは上のような理由からです。
実は、私も彫金を始めたころ、950を使用したことがありますが、純度はわずかな違いですが、だいぶやわらかいため、使用していると、大きな傷が入ったり、へたりが早いので925にした経験があります。

また、アメリカやその周辺地域では、925ではなく、Sterling(スターリング)と刻印が入っているのが一般的ですが、意味はほぼ同じと考えて良いでしょう。

金属アレルギーについて

シルバーは、基本的に金属アレルギーが起こりにくい金属ですが、シルバーはアレルギーが出るといわれる方が意外に多くいらっしゃいます。
しかし、実際には私の周りでシルバーアレルギーだと思っていた方たちがFACTORY FISHBONEのシルバーアクセサリーを着けてみて、全然平気だという方がほとんどで、今まで痒くなる、赤くなるなどの症状は見たことがありません。
ですが、本当にアレルギーの方も居るようです。
歯医者さんなどで治療に使う金銀パラジウム合金などでも脈が乱れる心臓がドキドキするなどの症状が出る方もごく稀に居るようです。

ご使用中に、かゆみや赤くなるなど、異常を感じられた場合は、使用を中止してください。